news

2019/11/11 14:32


こんにちは。
スタッフの富川です。

秋の夜長、いくらでも眠れます。
今日はクローンについて書いてみたいと思います。
1996年、世界で初めての哺乳類の雌羊ドリーが誕生しました。
その後、クローンの技術は進歩していますが、先日ニュースで猫のクローンのことが話題になっていました。
ある中国人の家庭に猫がペットとして飼われましたが、3年で亡くなったのです。
そこで家族はもう一度同じ猫に会いたいと、クローン猫を業者に頼んで誕生させたのです。
生まれた猫は元の猫とそっくり。当たり前ですクローンですから。
家族は大喜びで満足していました。
しかし、クローン猫は同じ顔形ですが、過去の記憶は全くありません。
ここらの所がクローンでは完全ではないのです。
そして、クローン動物を作るのはどうかという倫理上の問題もあります。
ちょっと、アートとはかけ離れたブログになってしまいましたが、皆さんならどう考えてられるのかが気になって書いてみました。
田中拓馬の作品は版画を除いて、全て一点ものです。
そう考えるとクローンとアートは共通する或いは論ずるに必要な部分があるのかもしれません。

では、ありがとうこざいました。

送料無料! ★全商品、商品到着から1週間以内であれば 【返品】を承ります!! ※返品の際の送料はお客様負担になりますので ご了承ください。

Guideご利用ガイド

猫ネックレス業者間で値上がり、当初の四倍に。この三年間で