news

2019/10/08 13:25


こんにちは。
秋めいて、ぐっと温度も下がってきました。
半袖の人もいますが、ほとんどの人が長袖になってきましたね。

さて、今日は実家の服屋の話をします。
私の親父は元々、繊維関係の仕事を大阪の本町でしていました。
繊維でも卸しの仕事です。
卸しの仕事を辞めてからは、紳士雑貨店の店をしていました。
当時は日本も高度経済成長時代でもあり、服もよく売れました。
商品を卸し専門の衣料卸し店から買ってきて、それを店で売るのですが、その当時は一般の人は買えなくて、商売をしている人だけが購入できるのでした。
私も子供の頃、母親に連れられて、その衣料卸し店に行きました。
たまに、母親からネクタイや靴下がどれがいい?とか聞かれて選ぶのですが、私が選んだネクタイや靴下が売れたと聞かされたときは快感でした。
自分が選んだデザインの商品が売れて、自分の感覚に自信を持ったものです。
商品って楽しいということを学びました。
やがて、繊維関係の業界も下火になり店は閉店して別の商売をします。
今では繊維等の流通も様変わりして、儲かっているところは少ないのではないでしょうか。
子供の頃の商品選びは楽しいし、勉強になった。そんな話です。

では、ありがとうこざいました。


送料無料! ★全商品、商品到着から1週間以内であれば 【返品】を承ります!! ※返品の際の送料はお客様負担になりますので ご了承ください。

Guideご利用ガイド

猫ネックレス業者間で値上がり、当初の四倍に。この三年間で