news

2019/09/24 17:32


こんにちは。
スタッフの富川です。
涼しくなって、やっと秋になったという感じです。

先日、田中拓馬絵画教室に小学校2年の女の子が教わりに来たので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。
その小学生2年の子は、スタジオにスニーカーを持ってきたそうです。
そのスニーカーに色を付けてデザインしようという考えでした。
普通に考えたら、スニーカーに絵を描いたり、そんなことをするのかと考えます。
その子は、スニーカーに油彩を塗り何も絵を描かずにピンク色などを塗り重ねていったらしいです。
それで、スニーカーの表面は油彩で厚みが出てゴツゴツになったそうです。
田中はそれを見て、刺激を受け感動したのでした。
こんなスニーカーは見たことない!
ジーンズなどでは、今ではダメージジーンズなどは当たり前です。
たしかにダメージジーンズができたことは画期的でした。
スニーカーも、今後はデザインも発展を遂げ、オリジナルなものができたりするのではないでしょうか。
大人には考えもつかないことを子供は考えつきます。
この女の子のスニーカーは10年先をいっているかもしれませんね
固定概念のない発想は面白いという話でした。

では、ありがとうございました。

送料無料! ★全商品、商品到着から1週間以内であれば 【返品】を承ります!! ※返品の際の送料はお客様負担になりますので ご了承ください。

Guideご利用ガイド

猫ネックレス業者間で値上がり、当初の四倍に。この三年間で