news

2019/08/30 15:33

こんにちは。
スタッフの富川です。

今日はアートの意味について書いてみたいと思います。
アートという言葉には本来のアートである広義のアートと、美術や芸術などを指す狭義のアートの二つの面があると思います。
人の作り出したもの全般を指す広義のアートでは、古代より学問でもあり技術でもありました。
広義のアートは、人と関わる社会の機能を変えるもったものでした
広義のアートがどの段階で、美術や芸術といった狭義のアートになったのでしょう。
これは古代からの人間の歴史を学んでも難しいことでもあり、これがアートであるけれど、これがアートではないという簡単な言葉では語りにくいものです。
私もまだ勉強不足ですので、はっきりと語れないのが残念です。
同じく、現代アートでも定義が難しく、これが現代アートだ!とかはいい難いものだと思います。

今日はアートの意味についての考えを書いてみました。
ありがとうこざいました。

送料無料! ★全商品、商品到着から1週間以内であれば 【返品】を承ります!! ※返品の際の送料はお客様負担になりますので ご了承ください。

Guideご利用ガイド

猫ネックレス業者間で値上がり、当初の四倍に。この三年間で