news

2019/08/28 16:06

こんにちは。
スタッフの富川です。
今日は難病を患った大阪の写真家の話をします。

血液のガンを患い、完治は難しいと医師から宣告され闘病生活を続ける大阪出身の写真家TAKAさん。
ベッドの横の窓から見える自然の美しい様子を写真に撮る。
特に朝の風景や夕焼けなど。
窓から見える範囲は狭いですが、感動した風景は無限大だと。
そんなTAKAさんだが、体調のいい時は杖をついてダンスホールなどに出向いてシャッターを押す。

私は癌になった経験はないですがが、人生において焦燥感に襲われた時期があります。
その時は空を見た時、初めて美しいものだと感じたのです。
普段は当たり前の事でも、それがとても大事なものであることに気がついたのです。
当時は辛いことでしたが、今となっては自分にはプラスになったと感じています。
人間、その時の境遇によって見方や感じ方が違ってくるのは不思議なものです。

TAKAさんの話に戻りますが、不治の病でも1日1日一瞬一瞬を一生懸命に前向きに生きて、個展まで開いたそうです。
そんなことを考えると勇気ももらえるし、毎日自分がいかに小さなことで悩んでるのかということを素直に思います。

TAKAさんは、朝起きた時、今日も生きていると感謝しているそうです。

前向きに生きるって素晴らしいですね。

今後もTAKAさんの活躍を祈るばかりです。

では、ありがとうこざいました。

送料無料! ★全商品、商品到着から1週間以内であれば 【返品】を承ります!! ※返品の際の送料はお客様負担になりますので ご了承ください。

Guideご利用ガイド

猫ネックレス業者間で値上がり、当初の四倍に。この三年間で