news

2019/08/25 10:29

こんにちは。
スタッフの富川です。
いつの間にか朝起きても賑やか蝉の声が聞こえなくなりました。

今日はギャラリー周りについて書きたいと思います。
日本人は、一般的に絵を見る時に、美術館に行く人が多いと思います。
巨匠画家の個展などが行われている際、入場料を払って大勢の人が作品を見にきます。
美術館に行くのも、芸術に触れる一つの方法だと思いますが、ギャラリーに行き作品を見るのも私は楽しいと思います。
時間が空いていれば、フラッとギャラリーに入っていき、全く知らない作家さんの作品を見る。
私はギャラリー周りをよくやっていました。
ギャラリーは入場無料のところが多いですし、未知の作品と出会えるチャンスです。
ギャラリーに入るのは敷居が高いとか、知らないところに行くのに気が引けるという方もいるでしょうが、私はどんどん行く方が良いという考えです。
ギャラリーに行けば展示された作品が飾られています。
その作品を手がけた作家さんに、直接、接触できるのが一番の利点でしょう。
作家さんに作品のことを質問すれば、ギャラリー周りの楽しさも増すことでしょう。
作家本人に話しづらかった場合は近くにいるスタッフに聞いてみてもいいでしょう。
作家さんには、プロもアマチュアもいますが、私はかなりの人の作品を見てきました。
ほとんどが無名の作品さん達です。
それでも、充分に楽しめるし、いい刺激を得ることができました。
ギャラリーに展示されてある作品には値段が表示されてない場合もあるので、気軽に値段を聞いてみてもいいのではないでしょうか。
私も気に入った作品で、手が届く金額の作品であれば買いました。
ギャラリーに入るか帰る時には、芳名帳に名前と住所を書いておけば、後ほどギャラリーから展示の案内状が届くので便利だと思います。
皆さんの近くにもギャラリーがあるでしょう。
気軽な感じで行ってみてはいかがでしょう。
今日はギャラリー周りについて書かせていただきました。

ありがとうこざいました。


送料無料! ★全商品、商品到着から1週間以内であれば 【返品】を承ります!! ※返品の際の送料はお客様負担になりますので ご了承ください。

Guideご利用ガイド

猫ネックレス業者間で値上がり、当初の四倍に。この三年間で